912f58ad.png

最近のテレビ番組はコロナのせいでドラマ収録がストップしているせいでしょう、昔のヒット作の再放送が流行ってますね。


待望の「愛していると言ってくれ」再放送



先日はなんと「愛していると言ってくれ」が一挙半分、放送されたので思わず録画してしまいました(^_^;

昭和乙女世代なら多分、多くの女性がハマったであろうこのドラマ、もう30年近く昔になるんですよね?

トヨエツ演じる聾唖者の画家と常盤貴子演じる駆け出しの女優見習いとの初々しい恋を描いた作品で、話せないながらかっこいいトヨエツにみんな黄色い声を上げていましたっけ。

常盤貴子が可愛すぎる!



さっそく録画を見てみることにしました。

最初に主役の二人がミニトークしてまして、常盤さんもすっかり大女優の貫禄だし、トヨエツも口ひげのダンディーなおじさまになってて、年月の経ったのを実感します。


って、視聴者の我々も同じだけ年取ってるわけで、傍目からみればいいおじさんおばさんなんですが。。

常磐さんが「当時は私、一番太っててパンパンだった?」とか言ってましたが、ドラマでは細い足ですっきり細アゴで、全然パンパン太ってなんかいませんよ

まさに二十代始めの華奢な女性で、もうかわいすぎる~!

そしてトヨエツですが、これまた若い!言葉を発しない役柄ですし、表情もあまり出さないわけですが、そこがミステリアスでなんともイケメン。

結論:若いってホント、素敵ですね


若いって本当に素敵ですね!

前半はあっという間に見てしまって、あとは今週の後半を待つばかりです。
感想が「若いっていいね!」で終わるのもナニですが、懐かしい旧作を楽しめるのもコロナのおかげ。

物事はマジで良い面と悪い面とあるんですね。

次はもこみちの絶対彼氏とかもいいなぁ。
しばらく旧作再放送が楽しみになりそうです。